最近考えること

色々なものが移り変わっていく時代に、変わらずにそのままであろうとするよりも、常に変化していこうとする方が、リスクが低いのではないか。今の場所にそのまま居続けることを考えるよりも、絶えず違う場所を求めて彷徨っている方が、むしろ安全策といえるのではないか。

アダム・スミスが『見えざる手』と名付けたように、ひとりひとりが全体のことを考えて動くよりも、個々人が各々の利益を追求する方が結果的にそれが全体の利益につながるというような、個人主義的な考えを基にした組織を作れないだろうか。一番大切にすべきは自分のことであって組織ではないし、理由にせよ言い訳にせよ自分を根拠にしないとややこしくなる。ひとりひとりが自分の利益を追求できる組織があれば。