読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPad Proがほしかったけどお金がないのでMicrosoft Universal Mobile Keyboardでお茶を濁した

新しく発売された9.7インチのiPad Proがほしくなった。あの付属のキーボードをうまく使えればPCの代替になりうるかと思ったからだ。

しかし高い。軽く10万円オーバーはつらい。とりあえず手持ちのiPad Air 2に外付けキーボードという形を試してみることにした。キーボード使用時の挙動は同じだろうし。ということで前々から欲しかったMicrosoftのUniversal Mobile Keyboardというものを購入することにした。

結論からいうとiPadはPCの代替には成り得ない。

確かに長文を打つ際に外付けキーボードがあると捗るが、iOSにはPCの機能は果たせない。ウインドウ分割してTwitter見ながらインターネットとかしたいのだ。とにかくなんか色々したいのだ。以前とは使う機会は減ったがそれでもそういう時の保険としてPCは必要だという結論に至った。

あっでもこの外付けキーボードはなかなかよいですよ。カバーの開閉で自動で電源オンオフ。すぐにBluetoothで接続。遅延もほとんどないし使用は快適です。唯一欠点をあげるとすればcommandキーが左側にしかないこと。普段MacのUSキーボードを使ってて右親指でcommandキーを押しながらショートカットキーを使ってたのでその点だけ使いにくいかなあという感じです。