web171

恥ずかしながら今回の震災をきっかけにweb171というものを初めて知りました。災害時用の伝言板サービスで、あらかじめ登録しておいた連絡先に、伝言板を更新した際に通知してもらえるというものらしいです。

災害時TOP画面 | 災害用伝言板(web171)

災害時に連絡がつかない時はこういうサービスを使おうとか、避難所はどこそこにしようとか、猫はどうするかとか、そういった諸々のことを彼女と話し合ってみたのですが、正直かなり面倒で疲れました。前向きな希望の話ではなく、起こってほしくないことについて話し合うからかもしれません。

下のブログにある「防災を習慣や文化にしていく」という言葉に触発されたわけですが「その場その場でゼロから考える必要がない状態をつくっておく」というのは本当にその通りだなと思った次第です。不謹慎な言葉になるかもしれませんが、気持ちが乗っている今だからこそ、むしろ今しか準備できないことがあると思うのです。

ゴミの分別が日本人のなかでいつの間にか習慣になったように、防災も日本人にとっての文化や習慣にできるはずだし、そうできなければならないと彼女は言います。 文化や習慣になっているということは、その場その場でゼロから考える必要がない状態をつくっておくということだと思います。大きな意味で、それはやはり「備え」をしておくということです。常に意識を高めておくことはできないからこそ、意識が低くても助かるように、身の周りの危険を最少限にしておく。そして最低限の行動ルールを体で覚えておく。

熊本地震の被災者以外の方へ。「自分の防災」と向き合えるのはきっと今だけです。 - HIROKIM BLOG