好きな書店

最近は意識的に書店に行くようにしてて紙の本をよく買うようになったんだけど、ある程度好きな書店の傾向がわかってきたのでメモ。

ワンフロアであること

フロアが分かれていると階をまたぐのが面倒だし疲れるから嫌い。蔵書数の多さは重要視してない。

程よい広さ

広すぎてもしんどいし狭すぎてもつまらない。

奇をてらわない陳列で発見があること

書店に入る目的は時流を知ることや新しい発見であるから、人気ランキングや新刊特集、さらにテーマから派生する陳列があると嬉しい。テーマに寄りすぎた雑貨屋みたいなおしゃれ書店は目的が違う。

落ち着いている

ターミナル駅のど真ん中にあるような書店だったりして賑わいすぎていると落ち着かない。駅から少し離れていて流行りすぎてない書店がいい。

結論

上記の条件を満たす書店として大阪は梅田界隈なら ジュンク堂書店 梅田ヒルトンプラザ店 が好きです。ていうかそれが言いたかっただけなんです。