読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

野良猫3

f:id:kaztrella:20151222135825j:plain

いつもの川沿いの道。いつぞやに見かけた生まれたての子猫は大丈夫だろうかと、いよいよ寒さも厳しくなってきた年末に心配したりしていると、小春日和にふと現れた野良猫はおそらく成長したあの子猫だった。生まれたての頃に見かけた場所と同じ場所で、ふっくらと成長した姿を見てほっこりと胸を撫で下ろした。